FC2ブログ
2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

TOP > CATEGORY - 救済
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ【スポンサー広告】 | top↑

+ Comment List +

 家出掲示板キスして
こっちのちんこは力がはいったままですよ。ぅー。

力を抜いている妹を、お姫様抱っこしようとましたが、意外と重い。
何とか踏ん張って、持ち上げるも、床が滑りやすくて危険です。

一度は抱きかかえたものの、妹を床に下ろします。
「重かった?」
「いや、こっちの力不足が原因。」
妹はお風呂場の床をのたのた動き、タイル地の壁に背をつけます。
「冷たくて、気持ちいい。」
妹は呆けたような顔をして、微笑んでます。

俺は腰をとんとん、とたたき、浴槽のふちに腰掛けます。

よかったような。
あのままベットまで運んでたら、危なかった。
絶対、やってた。そう思いながら、壁に背を預けてる妹を見ています。
妹ながら、そこそこ可愛いと思ってはいましたが、全裸で呆けたように
こちらを見ている妹は、無茶苦茶可愛いんですよ、まいったことに。

妹も、無言でこちらをじーっと見ています。

ふと、妹は視線を落とし、力いっぱいぴんこ立ちのちんこを見つめました。

「お前が可愛いからいけない。」
わけの分からない言い訳をします。

「でも、あれだ。その、こうはなっているが、やるのはマズイと思う。」
はっきりと口に出して、言いました。

言っておかないと、やることになると思って。
ここまの関係になっているので、自分には近親相姦に対する
嫌悪感や、罪悪感は希薄なんだろうな、と感じていました。
多分、妹も同じでしょう。

「あたりまえじゃん。そんなの。」

そういって、妹は目をギンギンのちんこにむけると、手をこっちこっちとしました。
俺が「ん?」と言う表情をすると、
妹は目を閉じて、口を開けました。

・・・・・・これは・・・。

目を閉じるだけなら、キスしてだよな。
口を開けてるってことは・・・。

俺は立ち上がって、ゆっくりと座り込んでる妹に向かいます。
ビンビンのちんこをおっ立てながら。

そばまで行くと、妹の足をまたぐように、立ち、
ちんこを左手で妹の口に軌道修正しながら、
右手を壁に着きました。


カテゴリ【救済】 | top↑

+ Comment List +


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。