FC2ブログ
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

TOP > スポンサー広告 > title - 家出掲示板アドバイスTOP > 未分類 > title - 家出掲示板アドバイス
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ【スポンサー広告】 | top↑

+ Comment List +

 家出掲示板アドバイス
「じゃあこの後はおれの家に来て、いっぱいエッチなことしちゃおっか?」
「いっぱいしちゃうんですかwww」
「うん、いっぱい。だってYちゃんがエッチ好きだってことも分かったしwww」

商談成立。Yちゃんにペシッと肩を叩かれた・・・。



皆さんアドバイスありがとうございます。
すでにテキストにはしてあるんですが、投稿のときに色々引っかかっています。
読みづらかったらすいません。

もうちょっとなので一気に行きたいと思います。

一気に行こうとした矢先に連続投稿で引っかかりました・・・

(続きです)
一応これで続きはおれの家でするってことになったんだけど、おれは会社でこういう異常なことをしているっている興奮が治まらず、もう少しこの雰囲気を楽しみたいと思っていた。

「ねぇYちゃん・・・」
そう言いながらおれは最初にYちゃんといちゃついた空き机に腰を掛け、Yちゃんを呼び寄せた。
「何ですか?」と訝しげなYちゃん。

「ちょっとさー、悪いんだけどもう一回咥えてくれる?」
おれのわざとあっけらかんとした言い方に対し、
「えー、またですかぁ。さっきいっぱいしたのにぃ」とすっかり慣れた口調で軽口を叩きながらも、何のためらいも無くおれのチンチンを咥えるYちゃん。
ほんの数時間前まではこんなことになるなんて思いもしなかったのに、今は当たり前のようにおれのチンチンを咥えるYちゃんの姿におれはある種の感慨と興奮を覚えながら机の上に横たわった。


「上に跨ってくれる。帰る前に69しようよ。Yちゃんのおまんこもう一回舐めさせて」
「えーっ」と照れながらも、Yちゃんはやはり嫌がることもなく机の上に乗りゆっくりとおれの上に跨った。

目の前にすでに見慣れたYちゃんのおまんことお尻の穴がぱっくりと広がった。
おれが激しくべろべろと舐め始めると、釣られるかのようにYちゃんもおれのチンチンを激しく舐め始める。
無人のフロアにおれとYちゃんがお互いの性器を舐めあういやらしい音だけが響く。


カテゴリ【未分類】 | top↑

+ Comment List +


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。