FC2ブログ
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

TOP > スポンサー広告 > title - 家出掲示板隣の少女TOP > 未分類 > title - 家出掲示板隣の少女
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ【スポンサー広告】 | top↑

+ Comment List +

 家出掲示板隣の少女
俺は今のアパートに住んで約三年になる。
204号室、1番奥の部屋だ。三月下旬、長く空き部屋だった隣部屋(203)にリフォームが入った。誰か越してくるようだ。
四月一日(日)
俺はバイトを4件掛け持ちしている。
朝からバイトだった。昼に一度部屋に戻り、夕方からのバイトに備え昼寝。
誰か引越してきたようだ。
四月四日(水)
バイトは休みで、一日中寝て過ごす。夜7時頃、隣に越してきた住人が菓子折りを持って挨拶にきた。
いまどき珍しい。
三十前半の、真面目そうな女性とその娘さんだった。娘さんは小学生か中学生か?
よく、ここで、芸能人なら誰かに似てるとかいうが、そうそう都合よく誰かに似てるなんて事はない。
娘さんが、強いていえば、卓球の石川佳純?ちゃんに似ている。あくまででである。

母親は中島と名乗り、隣に越してきたんでよろしくということだ。
娘さんもぺこりと頭を下げた。
あとでわかる事だが、母子家庭だった。
四月中旬、バイトが昼までだった日。
3時頃アパートに戻ると、たまたま隣の娘さんに出くわした。ランドセルをしょってるから小学生か。
「こんにちは!」向こうから挨拶される。
「こんにちは。何年生なの?」
「六年生です」
「名前は?」
「中島佳純(仮名)です」
「お母さんは?」
「仕事」
「お父さんは?」
「いないです……」
興味の沸いた俺は話しを聞いてみた。
どうやら、離婚して、母親についてきたようだ。
四月二十二日(日)
朝からバイト。
佳純ちゃんが母親と出かけるところに遭遇。
軽く会釈をした。
夕方、バイトから戻ると、アパートの大家に遭う。
辺りの地主で、いくつかアパートやら駐車場を所有してる。
六十すぎのジジイだが、元気で気さくな人物。
大家とは仲良くしないといけないから、お中元やお歳暮は欠かせない。
しかし、裏の顔があった。大家は外の蛍光灯を交換していた。
四月二十五日(水)
バイトは休み。朝からパチンコを打ちに出かける。
佳純ちゃんは学校、母親は仕事のようだ。
4時過ぎ、パチンコでそこそこ勝った。帰りにコンビニに寄り、夕飯を買って帰る。
アパートは玄関ドアの左に台所の窓があり、二部屋(といっても、六畳は台所や風呂トイレ、八畳が和室)が襖で仕切られているが、襖がなければ、見通せる。もちろん、木枠の格子がついているので、窓から侵入は不可。
佳純ちゃんの部屋のその窓が少し開いていた。何となく覗くと、コタツで勉強?している佳純ちゃんの姿があった。


カテゴリ【未分類】 | top↑

+ Comment List +


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。